むだ毛処理のエチケット。あなたは大丈夫?気づかないところで見られています!

電車のつり革を握っているときや、シャツの間から一瞬ワキが見える時など気づかれていないと思っていても、脇毛の処理が出来ていないと見られています!

TOP > 美容外科 > 脱毛 > レーザー脱毛 > レーザー脱毛のトラブルについて

レーザー脱毛のトラブルについて

クリニックのレーザー脱毛は安全性の高い施術なのですが、レーザーが黒い毛の部分に反応するため、周りに炎症や赤みなどのトラブルが起きてしまうことがあります。特に皮膚や肌が弱い場合や敏感肌の場合、赤みが目立ってしまうことがあります。

しかし、そのような症状は数日程度で治まることが多いですし、なかなか治らない場合は炎症止めの薬を出してもらうと良いでしょう。また、レーザー脱毛を受けた後にニキビができてしまうこともあります。

他にもレーザーが肌に過剰に反応することにより、火傷が起きてしまうこともあるのですが、施術前にしっかりと保湿をしておくことでリスクを減らすことができるでしょう。

レーザー脱毛に不向きなタイプの毛

レーザー脱毛では、黒い色に当たると熱を発生させる光を使っています。その熱で根の方にダメージを与え、再生能力を失わせるわけです。そのため、成長期の黒々とした状態が望ましいことになります。

レーザー脱毛で一番効果のあるのが、色白で体毛の濃い場合とされています。産毛や、それと似た、細くて色が薄い状態のものはこの方法にあまり向きません。レーザーを照射しても十分な熱が発生しないからです。

細くて薄いのだから、気にしなくてもいいという見方もありますが、人によって感じ方は違い、施術を望む人もいます。その場合は、比較的効果が出づらいことをあらかじめ知っておく必要があります。

レーザー脱毛を受ける上でのデメリット

レーザー脱毛は、国が唯一認めた脱毛方法です。レーザーが毛根を破壊するので、毛が再生されにくく、確実な効果が得られますが、デメリットもあります。それは、使用するレーザーが黒い色に反応するため、お肌が極端に焼けていると皮膚と毛の区別がつかず、ヤケドの恐れがあるためにレーザー脱毛が受けられないという点です。

ホクロやアザなど、部分的な黒さにも反応してしまいますが、肌色のシールで隠すなどして処置が可能な場合もあります。また、毛根を破壊する際に一瞬痛みが出るのですが、痛みが弱い人にとってはデメリットになるでしょう。

レーザー脱毛照射後のお肌の状態

レーザー脱毛に使われるレーザーは、黒い色に反応するように設定されています。お肌の上から照射しても、皮膚へのダメージは少なく、黒い毛に向って行くというメリットがあります。それでも、全くダメージがないというわけではありません。

レーザー脱毛の照射後のお肌は、いつもとは異なる状態です。お肌が敏感な人は赤くなったり、ヒリヒリすることもあります。そのようなときは、冷やしたタオルなどでお肌を冷やしましょう。保冷剤を使ってもいいですが、直接当ててしまうと刺激が強いので、タオルなどで包むとお肌にやさしく冷やすことができます。

むだ毛・レーザー脱毛について

MENU

TOP 脱毛 レーザー脱毛 脱毛サロン 豊胸 脂肪吸引 美容外科 大阪の美容外科 二重まぶた 隆鼻 鼻整形 豊胸手術 脂肪吸引大阪

豊胸手術、脂肪吸引、鼻整形・隆鼻、二重整形・二重まぶたなどの美容整形、脱毛サロンの情報を参考に大阪、東京の美容外科探しにご利用ください。

美容外科クリニックの医師が作成しておりません。誤っている箇所があるかもしれませんのでご了承ください。豊胸手術、脂肪吸引、鼻整形・隆鼻、二重整形・二重まぶたなどの美容整形、脱毛サロンの情報は参考程度にご利用ください。

むだ毛処理の種類

脱毛サロン

美容整形・美容外科

二重整形・鼻整形・隆鼻

脂肪吸引・豊胸